被害者の方・加害者の方・自損の方

ホーム > 被害者の方・加害者の方・自損の方

交通事故の被害者の方

ご存じですか?
示談前であれば被害者様の負担金は0円です。

交通事故の施術費や慰謝料などは、特別な場合を除いて自賠責保険から支払われることとなります。

この際、窓口で支払う金額は 0円 となります。

当院が保険請求手続きを代行することにより、書類作成の煩わしさや 窓口支払い分などは0円になります。

金銭的苦痛など一切考えることなく通院に専念していただけます。

「自賠責保険」とは?

自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)とは、公道を走るすべての自動車やバイク(原付含む)に加入が義務づけられており、 一般に「強制保険」と呼ばれています。
(全労済やJA共済などの共済組合が取り扱う「自賠責共済」がありますが、基本的に内容は同じです。 )

交通事故の被害者が、泣き寝入りすることなく最低限の補償を受けられるよう、被害者の保護救済を目的に国が始めた保険制度です。

※自賠責保険は人身事故のみで物損には適用されません。

交通事故の加害者・自損の方

任意保険を利用することにより、
加害者様・自損の方も負担金が0円になる場合もあります。

あなたが加入している任意保険の「人身傷害保険」もしくは「搭乗者傷害補償」をもう一度ご確認ください。

交通事故の場合、自分がいつ加害者になるかもしれません。

被害者より、加害者側が大きな傷害を被るケースもよくあります。

加害者となってしまった場合、罪の意識や施術費が高額になるという思い込みで、ご自身の怪我の施術を受けることを我慢されてしまっている方も多いのが実情です。

交通事故の衝撃は通常のケガとは比較になりません。

実際に後日症状が悪化し、後遺症として痛みが残ってしまった方もいらっしゃるのです。

加害者だからと言って施術を受けることができないことはなく、加害者もしっかり施術を受ける権利があります。

早めに病院や接骨院での診断と通院をおすすめします。

任意保険の補償内容

自動車の任意保険の中で、加害者や自損事故の方のご自身の通院に関係してくる保険があります。

【人身傷害補償保険】

人身傷害補償特約の場合は、自分に過失がある事故でも、過失の有無や割合にかかわらず保険金額を限度に、実際の損害額(保険会社の算定基準)にて保険金を受取ることができます。

補償の対象となるクルマを運転していた方のほか、一緒に乗っていたかた全員が補償の対象です。

契約によっては、記名被保険者やそのご家族の方が歩いているときに自動車事故に遭ってしまった場合にも保険金が受取れます。

また、事故によるケガの施術のために仕事を休んだことで、減ってしまった収入についても補償されます。

【搭乗者傷害特約】

搭乗者傷害保険の場合は、契約した車での搭乗中の事故により被害を被った運転手のほか一緒に乗っていたかた全員が補償の対象となります。

ただし、受取れる保険金の額は身体のどこ(頭部、 顔面部、眼、胸部・腹部など)をケガしたのか、どんな症状(打撲・捻挫、骨折・脱臼、など)なのかによって、決まっている「定額払い」の保険です。

そのため、ケガの部位と症状の2つの要素から、支払われる保険金の額がすぐに算出できるので、 スピーディーに保険金が受取れます。

※各保険会社、もしくは契約中のプランによって補償範囲及び、支払対象項目は異なる場合がありますのでご注意ください。