交通事故後によくみられる症状

ホーム > 交通事故後によくみられる症状

突然の交通事故・・・思いもよらない突然の事故により、被害者様は肉体的にも精神的にも大きなダメージを負わされることになります。

警察や保険会社に連絡をし、その後煩わしい手続きなどもしなくてはいけませんが、体に激しい痛みがあれば一刻も早く施術・リハビリ等を受けなければなりません。

「ちょっと首に違和感があるけど仕事が忙しいし、そのうち治るから・・・」
「レントゲンで異常なしってことだから・・・」

と思っていませんか?これは、大きな誤解です。

事故直後は何ともなくても数時間~数日後に痛みの症状が現れることがあります。

これが「むち打ち症」です。

「首が痛い」と症状が出ていれば気付けるのですが、「頭痛」「吐き気」「めまい」など、直接関係ないような症状の場合、なかなか病院には行きづらいのが現状です。

しかし、長く放っておいた為、その後の半生を悩ます後遺障害に発展してしまったという事もあるようです。

これが「むち打ち症」の怖いところなのです。交通事故での負傷というと、一般的に病院や整形外科ではないといけないと思われがちですが、接骨院でも自賠責保険を使って交通事故後に施術を受けることができます。

当院は、交通事故専門院として「むち打ちの施術」に力を入れています。

当サイトでは交通事故の悩みを抱える被害者の方に、少しでも安心していただけるよう、交通事故後の対応についてわかりやすく解説しています。